院長紹介
院長画像
2017110608422544404.jpg
挨拶日本歯周病学会認定 歯周病専門医

はじめまして。宮本歯科・矯正歯科 院長の宮本 学です。 

私は、昭和 62 年に岡山大学歯学部を卒業し、大学院を経て歯学部附属病院に長い間勤務しました。
大学病院は歯科のなかでもいくつかの専門診療科に分かれています。卒業当初は歯周病科で研修しました。在籍中に専門医を取得し、その後海外留学を経験しました。帰国後は矯正歯科で研鑽を積み日本矯正歯科学会の認定医を取得することができました。

歯科治療は診療の多くが削ったり詰めたりの小さな外科処置の繰り返しです。
生来手を動かしてものを造ることが大好きだった私にとって技術職としての歯科医師という職業が大好きです。私は田舎の生まれですが、祖父は「鍛冶屋」を営んでいました。職人の姿を幼い頃から見ていた私にとって手を動かす仕事につけたことは幸運でした。

重症になった歯周病に対する歯周外科治療や歯を連結する治療は綿密な計画とそれを実行する細やかな技術を必要とします。
矯正治療は特殊な歯科の一分野であり、診断から治療まで専門家としての技能とプライドをもって仕事をすることができます。
いわゆる「腕の立つ専門家」を目指していた大学勤務医時代でした。

しかし、歯科医の仕事は腕=技術だけで決して語れるものではありません。
歯科の二大疾患であるむし歯と歯周病は決して歯科医ひとりの力で治すものではありません。
いわゆる高度な歯科治療を行うためには患者様の協力なくして成功しません。

すべての歯科治療は患者様と歯科医師や歯科医院で働くすべてのスタッフとの共同作業で成り立っているのです。
本当に健康を守るためには患者様が中心となるべきで、我々医療側は良きパートナーとして患者様のサポートをする立場にしか過ぎません。

多くの患者様が「腕の立つ歯科医」を求めておられます。
しかし、歯科医の腕=技術は歯科治療のほんの一部分にすぎません。
最善の歯科治療を行うことは、実際にはたくさんの選択肢を患者様と共に選び取っていく複雑な作業だと考えています。
毎日使う歯や歯ならびを、いかに治すか?また、いかに健康に保つか?という命題の前には「腕」はほんのひとつの要素にほかなりません。

歯科医院を開業して15年がたちました。患者様のいかにお役に立てるか?
まだまだ挑戦は果てしなく続いています。

20071024093614.JPG


  昭和62年(1987年)  岡山大学歯学部 卒業
  平成3年(1991年)   歯学博士
  平成5年(1993年)   岡山大学歯学部 助手(歯科保存学第2講座)
  平成7年(1995年)   ニューヨーク州立大学バッファロー校歯学部 研究員
  平成9年(1997年)   岡山大学歯学部 助手(歯科矯正学講座)
  平成16年(2004年)  宮本歯科・矯正歯科 開院
  平成23年(2011年)   灘区歯科医師会理事
  平成23年(2011年)   日本ヘルスケア歯科学会オピニオンメンバー
      平成27年(2013年)    神戸市歯科医師会理事 
    平成27年(2015年)  兵庫県歯科医師会代議員
  平成29年(2017年)    兵庫県歯科医師会地域保健常任委員会委員
  令和元年(2019年)   灘区歯科医師会副会長
  令和元年(2019年)   神戸市歯科医師会常務理事
  令和元年(2019年)   兵庫県歯科医師会附属兵庫歯科衛生士学院 科目講師

20071024143242.jpg

 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています