2013年01月01日
第75話 あけましておめでとうございます

お越しの皆様新年明けましておめでとうございます。
ほぼ隔月ワンたわにようこそおいでくださいました。
---------えっ、年末の総集編はどうなったのか?ですか?
た、確かに総集編を予定している旨は前回告知しましたが、年末にやるとは一言も・・・・(汗)
あ、そうですよね、総集編といえば年末や年度末っていうイメージがありますよね・・・・・・・・(滝汗)
---------じ、実は年末は思いのほか忙しくて何とか準備だけはしていたのですが、結局アップは年明けという事に・・・・・・期待だけさせてお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。
------え、別に期待もしてないし待ってもいない?ここもたまたま暇があったから覗いた?・・そ、そうですか。
・・・で、ではお暇なそこのあなたたまたま時間があった心優しい皆様、ちょっと時期はずれになってしまいましたがワンたわ総集編をどうかごゆっくりご賞味くださいませ(ぺこり)



P1000043ss.jpg















お越しの皆様、あけましておめでとうございます。
今回は特別総集編ということで、2012年度の画像をまとめてみました。
トップバッターはワンたわ開始以来ずっと頑張ってくれたデジタルカメラくんです。
残念ながら2012年の秋に寿命を迎えてしまいました。
数々の迷名場面・珍場面を捉えてくれたカメラくんに感謝しつつ2012年度の写真の中から惜しくもボツになった写真達を紹介させていただきます。



P1090274ss.jpg

















二月に雪が降った時の六甲山と麓の景色です。
日中の気温が低かったために降った雪が解けずに街が白く染まりました。



P1090283ss.jpg

















街の色が消えると街並みがいつもと違ってみえます。
白い街並みがなんとなく異国風にみえたりしませんか?



P1090552ss.jpg

















季節が巡って春に『桜とワンコ』の写真をとりにいったときの写真です。
手頃な桜が見つからずに近所の公園の花壇で『お花とワンコ』を撮ってみました。
アキちゃんの表情が何気に暗いところがポイントですね。


P1090580ss.jpg

















同じく『桜とワンコ』を撮影したときのハルくんの別ショットです。
本編に採用したものよりも更に不機嫌で全くやる気がなさそうな感じが味わい深いですね(苦笑)



P1090293ss.jpg

















梅雨時に雨雲が低く垂れ込めたときに六甲山が雨雲に覆われることがあります。
この写真の撮影時には雨雲が山頂から麓に流れ落ちているみたいにみえました。


P1090468ss.jpg

















夏の盛りにとても短い夕立がきて、その直後に大阪湾越しにとても大きな虹がかかりました。
大きすぎて虹の麓しかカメラで捕らえることができませんでした。


P1080677ss.jpg

















夏の早朝の大阪湾です。ほんのりと朝焼けに染まっています。
街はまだ半分眠りの中にいてとても静かな時間帯です。


2012123015274229990_1.jpg

















中秋の名月(の約二日後)です。
まだ夏の気配が残る暑い日でした。


2012123015274229990_2.jpg

















少しだけ月が欠け始めているのがお分かりでしょうか?


P1090617ssp.jpg

















長引く残暑にすっかり夏バテ気味のアキちゃんと、不機嫌なアキちゃんに乗っかられてとっても暗くなっているハルくんです。


2012123015271729985_1.jpg

















晩秋の六甲山越しに見えた夕焼けです。

2012123015274229990.jpg

















この夕焼けを撮影して間もなくカメラが動かなくなりました(合掌)


2012123015271729985.jpg

















最後はマッタリとくつろぐワンコ達で締めくくらせていただきます。
この写真の鑑賞ポイントは無理やりセンセーの脚の間に入ろうとするハルくんとチラリと見えるセンセーの美脚とパジャマ越しのムッチリとしたセンセーの美尻です。


しかい:「何だかんだで結局年明けの更新になってしまいましたね。」

ハル:「うーん、何だか全然新年らしくないっていうか、タイトルと中身が全くあってないっていうか・・」

アキ:「本当よねぇ。どう考えたって去年の年末にアップするような内容よねぇ。カメラの引退とかぁ。」

マザー:「おほほほっ。皆さんのご意見は貴重なアドバイスとして頂いておきますワ。ほほほっ。お越しの皆様、せっかくですからガッツリゆっくり写真をお楽しみくださいね、おーほほほっ。」

しかい:「そうですね〜。確かに今更いろいろ言っても仕方ないので、ここは超プラス思考で前向きにいきましょう。お越しの皆様、旧年中はご愛顧誠にありがとうございました。本年もこんな感じのワンたわですが、なにとぞよろしくお願いいたします(土下座)。」

 
2012年11月30日
第74話 秋本番!
ほぼ月刊ワンたわにようこそ!

前回11月中に更新と宣言しておきながら、結局ギリギリになってしまいました。
楽しみに待っていてくれた皆様、申し訳ありません。
・・・・・・・・・・・・えっ、別に待ってない?・・・・・・いえいえ、本当はちょっと気になりますよね、つづき。そうですよね?ね??(涙目)

今年は比較的暖かい秋が続いて暖冬の長期予報もでていましたが、ここにきてグッと冷え込みがきつくりましたね。
ご近所の街路樹たちもにわかに色づきはじめました。


春の桜と違って秋の紅葉は少しずつ色が変わって気がついたら秋真っ盛り、というイメージがありましたが、今年は「はい、ここから秋本番ですよ〜!」と突然宣言されて「すぐに冬も来ちゃうからチャッチャと秋を満喫して次に備えてよぉ〜!」と急かされている様な気がします。
実際、紅葉が散るころには師走の慌しさが迫ってきて本当に急かされるので、間違った受け止め方ではないですよね(笑)

さて、今回も歯ブラシ論争が続いていますが、果たして結論は出るのでしょうか?


しかい:「前回に引き続き、今回も歯ブラシの硬さのお話ですね。」

アキ:「早くチャッチャと結論出して年末の大掃除とかした方がいいんじゃないかしら?」

ハル:「それなら結論は『歯ブラシは硬いほうが汚れ落ちがいい』でいいんじゃない?」

マザー:「ほほほっ。そのとおりよ。痛くなければ硬いのでチャッチャと磨けば結構汚れがおちるのよ。おほほほ。」

しかい:「ちょ、ちょっと皆さん待ってくださいね。それだと乱暴すぎるというか、話が続きません。大体、柔らかい歯ブラシの立場はどうなるんですか?」

アキ:「柔らかいのは『痛い』ときにつかうのよねぇ〜?」

ハル:「そもそも『痛い』のは歯や歯茎に強くあたっているからだよね?だったら磨く力を加減したらいいんじゃないの?」

しかい:「ハルくん、いい意見ですね。ここで『磨くときの力加減』の話がでてきましたね。」

アキ:「じゃあ、もう毛の硬さなんか気にせずに単に磨く力を調節すればいいんじゃないの?」

マザー:「ほほほっ、そのとおりよ。ただし問題があるの。」

ハル:「問題?何?」

マザー:「その方法で本当に汚れがきちんと落ちているかどうかよ。」

アキ:「あっ、思い出したワ!前回も言ったけど、柔らかい歯ブラシで力を入れたら毛先が曲がっちゃって何だか汚れ落ちが悪いのよね。」

しかい:「おっ!アキちゃん今回もいい感じですよ。」

ハル:「じゃあ硬いのは?硬いので痛くないように力を加減して磨くのはOKなの?」

マザー:「ほほほっ。硬いブラシは確かに汚れが落ちがいいけど、同時に歯や歯茎を傷つける可能性があるの。痛くなくても油断禁物なのよ。それに隙間や境目みたいな細かい場所を磨くときに硬いブラシだと却って力加減が難しいのよ。」

アキ:「そうね。力を弱くしようとすると、毛先が隙間にちゃんと入っていかないのよね。」

ハル:「う〜ん、何だか難しいなぁ。力を加減するだけじゃちゃんと磨けていないかもしれないってことだよね?」

アキ:「あら、簡単よぉ。つまりそれぞれの毛の硬さに応じてちょうどいい力加減で磨いて、しっかり汚れが落とせたらいいんでしょ?」

マザー:「ほほほっ。そのとおりよ。じゃあ、ちょうどいい力加減って結局どれくらいかしら?」

アキ:「そんなの分かんないワ。痛くない様に何となく磨いて何となく汚れが落ちたみたいだわ、って感じよ。」

ハル:「うん。いつも大体綺麗になったからOKって感じ。磨く時間とかも適当だなぁ。」

マザー:「そこが一番問題なのよ。本当にちゃんと汚れが落ちているのか、本当に歯や歯茎に問題がないのかは、自分ひとりではなかなか判断できないものなのよ。それに、そもそもこの歯ブラシ問題に全ての人に当てはまる正解なんてないの。」

ハル:「ええっ!?正解なし?」

アキ:「じゃあ結局どうしたらいいのよぉ?」

しかい:「-------こ、この展開はもしや・・・・・}

マザー:「ほほほっ。そこで歯科医院の出番ですワ。わざわざ医院に来てもらって歯磨き指導をする意義はこの辺にあるのよ。個々のお口の状態を見た上でそれぞれの患者様に適した歯ブラシの選び方や使い方を提案して、実際にその方法でお手入れをしてもらうのよ。その上で本当に汚れが落とせているのか、歯や歯茎に問題は出ていないか、お口の中の状態が改善してきているのかを確認することがとっても大切なのよ。」

ハル:「うううっ、何だか難しいことを言いつつ結局は来院を促す内容になってるね。」

アキ:「ホント、ちゃっかりしてるワ。おまけに今回はオチもないし。」

しかい:「アキちゃん、それをいってしまうと・・・・(汗)。とにかくやっと結論がでて一安心です。今回は真面目なお話が多くて少し肩がこりましたね。次回は今年の締めくくりということで総集編的な内容でまとめる予定ですので『お題』はお休みさせて頂きます。(ぺこり)」


2012113019012915655_2.jpg


















ものすごく久しぶりに秋の京都にいってきました。
高台寺のお庭の紅葉です。
写真は色合いがイマイチですが、実際はこの何倍も鮮やかな紅葉でした。




2012113019012915655_1.jpg


















この時期限定でお庭に竜のオブジェが飾られていました。
夜はライトアップされて全く違う雰囲気が楽しめるそうです。


2012113019012915655.jpg


















西本願寺にある大銀杏の樹です。
見事に色づいていました。
朝なので驚くほど人が少なかったです。


2012113019012915655_3.jpg


















ワンコ達はもちろんお留守番です。
この季節は二匹で寄り添うのに最適のようで、ふと気がつくといつもアキがハルの後ろから無理やり引っ付いています。
このこの画像の鑑賞ポイントは気持ちよさそうなアキの表情と完全に硬直したハルの表情と、前回よりも更にビリビリに破かれてボロっちくなったお気に入りのクッションです。

 
2012年10月04日
第73話 夏の終わり秋のはじまり

ほぼ隔月ワンたわにようこそ!
------、------、隔月じゃない?
いやいや、そこはほら、『ほぼ』隔月だから誤差の範囲ということで・・・・・・・(滝汗)。
続きを楽しみにしてくださっている皆様、この様な怠惰なブログで申し訳ありません。
--------、えっ、大して楽しみじゃない?そ、そうですか・・・いや、ちょっとは楽しみですよね?ね?
------ということで、兎にも角にも今回も、生温い笑いとチョッピリためになる(かもしれない)情報をお届けいたします。
お暇なそこのあなた、お忙しい中訪問してくださった心優しい皆様、お時間が許す限りどうか楽しんでいってくださいませ。


しかい:「とうとう隔月から季刊に転落してしまいましたね〜。」

マザー:「ほほほっ。たった数日遅れただけじゃないの。季刊だなんて大げさね〜。」

アキ:「数日だけど、ずっと待っていた皆様にとっては永遠にも等しい時間よね。」

ハル:「ええっ?ずっと待ってるって、そんな奇特な人がいるのぉ??」

マザー:「ほほほっ。いやだわハル君ったら。いるに決まっているじゃない。それこそ更新を楽しみに待ちわびているコアでディープなワンたわファンがそこかしこに・・・」

ハル:「あっ、じゃあ、やっぱり更新が遅れたのは大問題だよね?」

アキ:「馬鹿ねぇ、ハル君ったら。そんな訳ないじゃない。こんな辺境の不定期更新地味ブログにファンだなんて・・・」

マザー:「(怒)アキちゃん、アナタまた太ったんじゃないの!?ダイエットも兼ねて今日のおやつとご飯は抜きn----」

しかい:「あー、アキちゃんもハル君もナチュラルに厳しい突っ込みになっていますよぉ〜。で、マザーは言い訳が段々と矛盾して最後は逆切かけていますね〜。ということで、この辺で強引に本題に突入しましょう。ずばり、前回のお題は・・・」

ハル:「歯ブラシは硬いほうがいい、だったっけ?」

アキ:「違うわよぉ。歯ブラシの毛は柔らかいほうがいいのよ。」

マザー:「ほほほっ。二匹とも悪くない答えだけど、結論から言うと毛は硬いほうが汚れ落ちはいいのよ、おーほほほっ。」

しかい:「ちょ、ちょっと待ってくださいね。マザー結論早すぎっていうか、それだと話が続きません。何より本当のお題がまだです。で、前回のお題は『歯や歯茎を傷つけないために歯ブラシはやっぱり柔らかい方がいいかしら・・・?実はそうでもなかったりして?!』でした。」

ハル:「あ、じゃあやっぱり硬い方がいいっぽいよ!」

アキ:「でも硬い歯ブラシだと歯茎に当たったとき痛いわよ。私は柔らかいほうがすき。」

マザー:「だ・か・ら、汚れ落ちだけ考えたら硬い毛のほうが効率はいいのよ。」

しかい:「そうですね。確かに柔らかいスポンジよりは硬いタワシのほうがおなべの焦げ付きには有効ですよねぇ。」

ハル:「・・・おなべの焦げ付き、って妙にリアルで生活感が漂う例えだよ。ワンたわって確かファンタジーの一種って前に言ってなかったっけ?」

アキ:「ホント、何だか貧乏臭くって嫌だわ。やっぱりここは『姫の涙をぬぐうのは金糸と白絹で織った布よりも蜘蛛の糸と百合の雄しべで織った布がふさわしい』とかよねぇ〜。」

ハル:「金糸と白絹は分かるけど、蜘蛛の糸と百合の雄しべって何??っていうか姫って誰??」

しかい:「あー、言いたいことはなんとなく分かる気がしますが、基本的には意味不明ですねぇ〜。」

マザー:「ほほほっ。だから何度も言うけど磨く時間や力加減がいっしょなら毛が硬い方が効率よく汚れを落とせるのよ。」

アキ:「じゃあ磨く時間や力加減を変えたらどうなの?」

しかい:「おっ、アキちゃんなかなか鋭いですね。そのあたりに今回のお題のポイントが隠れていそうですよ。」

ハル:「うーん。じゃあ硬いのが嫌なら、力を込めて長時間必死で磨けってことかなぁ?」

しかい:「ちょっと乱暴な気もしますが、そういう風に考えることもできますねぇ。」

アキ:「でも柔らかいブラシで力を入れたら毛先がひらいちゃってちゃんとあたらないし、それで長時間磨いてもあんまり汚れが落ちそうにないワ。」

マザー:「ほほほっ。どうやら混乱してきたみたいね。話が長引きそうだから、今回はこの辺でお開きにしましょうか。」

ハル:「ええっ!?待たせた挙句に結論次回に持ち越し?」

アキ:「単にあんまり考えてなくて結論が出せないだけじゃないかしら?」

マザー:「(怒)ちょっと、アキちゃん、あなたやっぱり太ったわよ?早速今日のご飯は----」

しかい:「はい。では、次回は反省とお詫びの気持ちを込めて11月中にアップということで行きましょう。続きが気になる真面目なワンたわファンの皆様、余り期待はせずに、でもこのブログは見捨てずにもう暫くお待ちくださいね〜(ぺこり)」



P1090999ss.jpgさる9月30日に関西を直撃した台風が東の方面に去っていくときの空の様子です。
大阪湾の上空に暗くて分厚い雲がかかっていますが、この雲はものすごい速さで移動していきました。








P1100017ss.jpgその直後の西側の空です。
にわかに雲が割れて青空が覗くとともに、夕日が雲を照らして夕焼けがひろがりはじめました。









P1100007ss.jpgさらにその直後の大阪方面を望む東の空です。
空全体が不思議な色に染まりました。
かかっていた雲はどんどん移動して妙に明るい空が現れました。








P1100010ss.jpg そのまま大阪湾方面に眼を向けてみると、海から虹が立ち上って、あっという間に消えてしまいました。

こんな風に慌しいお天気の変化の後には、季節がグッと進むようで、いつもよりも遅れて訪れた秋の気配が一気に深まりました。






2012100400001616928.jpgどんな時もマイペースが身上のハル&アキ。
嵐の只中でもマッタリとお昼寝です。

この写真の鑑賞ポイントはトリミングでつけてもらったおそろいのバンダナとストレス解消(?)のためにビリビリに破かれたクッションのカバーです。
他の新しいクッションよりもお気に入りみたいで、いつも二匹で奪い合っています。

 
2012年07月29日
第72話 少し古いけど
ほぼ隔月ワンたわにようこそ!
暑いですね〜本当に本当に暑いですね〜。
梅雨がなかなか明けないと思っていたらいきなりの猛暑
皆様、熱中症対策はお済みでしょうか?
因みにワンコたちはクーラーのきいた部屋で『クールジェルマット』という素敵なものの上に寝そべっています。
一日中寝そべって何もしません。
お散歩は昼夜問わず断固として拒否です。
そして食べます。おやつもご飯もちゃんとたべます。
・・・・・・・当然太ります。夏太ります。
実はワンコだけでなく人間も同じような傾向があります。
・・・・・・・・どなたか、いい対策があれば是非お教えください。


しかい:「前回の新装開店からようやく第二弾の記事がでてきましたね。」

アキ:「早速ネタ切れで放置かと思ったワ。」

ハル:「あ、アキちゃん、それ言っちゃダメだって・・・」

マザー:「ほほほっ。当たらずも遠からずって感じね。でも一番の原因はこの暑さでやる気が出なかったってことかしら。」

しかい:「あ、いや、それって直球すぎませんか?フォローできないので、スルーしますね〜。さて、前回のお題を皆様覚えていますか?」

アキ:「えーっと、『歯磨きして血がダラダラどうしよう〜』って感じ?」

ハル:「いや、ダラダラじゃなくてむしろ『大量出血のサインはOK』みたいな?」

マザー:「ほほほっ、歯科医院でなぜか『出血大サービス』とか?」

しかい:「えーっと、皆さん微妙にはずしていますね〜。特にマザーに至っては意味不明になっていますよ。」

マザー:「ほほほっ、少しボケて突っ込む余地をつくってあげたのよ。感謝してね、おほほほっ。」

しかい:「はい、ここからはまじめにいきますよ〜。前回のお題は『歯磨き中の出血、歯茎が腫れてるサイン?でもでも大丈夫〜♪』でした。」

アキ:「私これ分かったワ。血が出ても磨きなさいってことよね。」

しかい:「お、アキちゃん鋭い!いい感じですよ。」

ハル:「えぇ〜、それって本当に大量出血ダラダラっぽいよぉ?」

マザー:「ほほほっ、それでもいいのよ、痛くなければ。」

ハル:「そ、そうなの?何だか乱暴だなぁ。」

しかい:「そうですね。大量出血するかどうかは個人差がありますが、大事なのは血が出ても磨くのを止めないってことですね。」

ハル:「うううっ、何だか罰ゲームっぽくない?それって。」

アキ:「ワタシは痛くないならいいかなぁ〜。」

マザー:「ほほほっ。一番良くないのはね、血が出た部位を磨くのを止めてしまうことね。そうするとプラーク(歯垢)がたまって余計に状態を悪化させてしまうのよ。」

ハル:「でも、どんどん血が出たらやっぱり怖くなって触るのが嫌になる人いると思うなぁ。」

アキ:「こすったら余計に炎症がひどくなったりしないの?」

しかい:「寧ろ逆ですね。出血があっても適切なブラッシングが出来ていれば炎症が治まって出血しにくくなってくるんですよ。」

ハル:「そ、そうなんだ!?でも、適切なブラッシングって結構難しいきがするなぁ。」

アキ:「ワタシなんか頑張り過ぎて歯茎を傷つけてやっぱり痛くなっちゃいそうだワ。」

マザー:「ということで、歯科医院の登場ですワ。こんな時こそ歯科医師や歯科衛生士の出番ですのよ、おほほほっ。」

しかい:「そうですね。適切なブラッシングは予防法であるとともに治療法でもあります。ご心配な方はもちろんのこと、ワタシは大丈夫、と自信をもっている方も是非プロフェッショナルの意見をきいてみてください。必ずお役に立つと思います(ぺこり)。」

アキ:「何だか急に真面目な話になって歯医者のブログっぽくなったわネ。」

ハル:「しかも何気に強気に来院を促す内容でまとめているし・・・」

マザー:「ほほほっ、いい感じで区切りがついたところで、次回のお題にいくわよ。」

しかい:「次回のお題はズバリ、『歯や歯茎を傷つけないために歯ブラシはやっぱり柔らかい方がいいかしら・・・?実はそうでもなかったりして?!』です。」

ハル:「そうでもないの?硬いとダメなんじゃない??」

アキ:「ワタシも柔らかいほうがいいってきいたことあるワ。」

マザー:「ほほほっ。続きは次回のおたのしみね。シンプルだけど奥が深いのよ、歯ブラシは。」

しかい:「ということで、ここまで長文を読んでくださった皆様、お暇ですね 誠にありがとうございます。ご不明な点や消化不良な点はスタッフまでお問い合わせください。」

ハル:「あ〜またスタッフに丸投げしてる〜。」

アキ:「まあ、無責任 楽天的なところがこのブログの唯一の長所よねぇ。」

しかい:「・・・・・アキちゃん・・・・・」


おまけ:

P1090721SS.jpg少し古い写真になってしまいましたが、先日の金環日蝕の写真です。
神戸の天気予報は曇りでインチョーたちは観測用メガネも買っていなかったのですが、当日の朝はうす曇りで雲の合間から結構はっきりと日蝕を観測することができました。






P1090665SS.jpg空全体はこんな感じで晴れ間のほうが多いくらいでした。
観測用メガネがないのにどうやって観測したり写真をとったりしたかは内緒です。
よい子の皆さんが真似をしたら危険ですからねえ(笑)






P1090833SS.jpg着々と夏太りつつあるアキちゃんです。
後ろにいるのはカモノハシくんです。
オーストラリアの動物園のお土産店からはるばる我が家にやってきました。
因みに、当日は動物園のカモノハシコーナーが改装中で実物を見ることができませんでした(涙)。
お腹とお尻の出っ張り具合がいい感じに似ている二匹です。



P1090839SSP.jpg何もしなくても、おやつばっかり食べていても、ほとんど太らないハルくんです。
同じくビールを大量に飲んでも全部汗になって出て行って体型が変わらないインチョーセンセイの足の下がお気に入りの場所です。
似たもの同士通じ合うところがあるのかもしれません。
この写真の鑑賞ポイントは知る人ぞ知るセンセーの美足と運動しなくてもスリムなハル君の体型です。






 
2012年05月30日
第71話 リニューアルオープン?!
ほぼ隔月ワンたわへようこそ!

まるまる2ヶ月ほど間があきましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?
最近は豪雨や雷や竜巻など気候の極端な急変に驚かされることが多いですが、テレビ等で注意報や警報が出るたびに考えてしまう事があります。
「注意っていってもどうすれば??仕事や約束をキャンセルして家や建物内に籠もるの?移動中だとどうしようもない場合がほとんどでは??」
・・・・・・皆様はどのような対策をとられていますか?

さて、ワンたわはこの度ついに全面改装を行って、新装開店の運びとなりました!!!
新しいワンたわを是非ご賞味くださいませ〜!


しかい:「全面改装ということですが、メンバーそのものは従来どおりで運営するみたいなので、私が今回も仕切らせていただきますね。」

アキ:「で、何が新しいのよぉ〜?単にいろいろと面倒くさくなっただけじゃないのぉ?」

ハル:「ううう、アキちゃんそれは言わないって事前の打ち合わせで・・・・」

しかい:「あ〜ウォッフォン、エッヘン、そうですね〜、簡単にいうと言葉遊びというか謎掛け方式を採用することになりました。」

アキ:「よくわからな〜い。」

ハル:「ぜんぜん簡単じゃな〜い。」

マザー:「ほほほっ。案ずるより産むが易しっていうじゃない。いきなり本題に入るわよ。」

しかい:「では、早速今回のお題を発表します。ズバリ『歯磨き中の出血、歯茎が腫れてるサイン?でもでも大丈夫〜♪』です。」

アキ:「もっとわかんな〜い。」

ハル:「血が出るのは怖いよぉ。何で大丈夫なの?」

マザー:「ほほほっ。歯周病に関心が高い方には簡単すぎる内容ね。まあ、初回だからこんなものかしら。」

しかい:「そ、そうですね。何気に歯科関連の話題を盛り込みましたし。」

ハル:「なんだかびみょ〜な無理やり感があるような----」

アキ:「もう、ハルくんたら、それは言わない約束d・・・・」

しかい:「ウォッフォン、ゲッホン、とりあえず正解は次回のワンたわで解説いたします。尚、当医院に通院中の患者様で答えが気になる方は、スタッフまでお気軽にお尋ねくださいね〜。

ハル:「ええっ?!そんな話でていなかったけど、大丈夫なの?」

マザー:「ほほほっ。これこそ案ずるよりなんとやらよ。スタッフの皆様後はよろしくねぇ〜おーほほほっ!」

アキ:「これって、どっちかっていうと、当たって砕けろって感じよねぇ〜」

しかい:「・・・・・アキちゃん・・・・・・・」


おまけ

今年もやりました。桜とワンコ、じゃなくてアーモンドとワンコ。

P1090576ss.jpgハル君、歳のせいか反応が薄くて無表情ですが、よくみると口がへの字に曲がっていて、何となく不機嫌そうです。
一応こちらの呼びかけに応えてくれるのはさすがに年の功というか、素直な性格の賜物ですね。








P1090575ss.jpg因みにアキちゃんは完全に怒っています。
いくら呼んでも機嫌をとっても絶対に目を合わそうとしませんでした。

いつもにも増して眼つきが不機嫌そうですね。







2012053010430814611.jpg帰宅後にすっかりお疲れモードになった二匹です。
尚、この画像の鑑賞ポイントはハル君の魂が抜けかかった表情と手書きから入力文字になって読みやすくなったセリフです。

 
2012年03月22日
第70話 なごり雪?!
ほぼ隔月ワンたわにようこそ!
3月だというのに結構寒い日が続いていますよね。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

先日特大の寒波が襲来したとき、辺り一面に雪が舞い散る風景がみられました。
時期的にもまさになごり雪といったところですが、今回はそのときの様子を画像で紹介いたします。


P1090306ss.jpg3月の半ばに特大の寒気が西日本にもやってきました。
朝から曇天が続き寒い一日でしたが、昼過ぎに急に雪が降り始めました。

窓の外は一瞬で真っ白に染まりました。







P1090352ss.jpgうわぁ、寒っ!と思いながらしばらくカメラを構えていると、数分後には雪足が弱まって、空が明るくなってきました。










P1090387ss.jpg更に数分後には嘘のように晴れ渡った明るい風景が出現しました。

狐の嫁入り・雪バージョン・ちょっと強烈、といった感じでした・・・・・









P1090346ss.jpg因みに少し西向きの三宮方面はこんな感じでした。

一番吹雪いていたときから、少し経って、雪の塊が去り始めたところです。








P1090358ss.jpgこれは更に数分後です。
雪がもっと少なくなっています。

なごり雪と呼ぶにはあまりにも逃げ足が速いというか何というか・・・








P1090390ss.jpgで、しばらくすると、明るい青空が出現しました。

( ̄△ ̄;)エッ・・?

何これ?といった感じでした。








P1090318ss.jpg一番分かり易かったのが、東側の風景です。

神戸から大阪方面を望む写真ですが、雪のためにほとんど何も見えないくらい白くなっていました。








P1090361ss.jpgわずか数分後には雪の塊が大阪湾方面に去っていく様子と、その後の晴天が同時にみられました。

本当に
Σ(^∇^;)えええええ〜??!
っていう感じの変化でした。






P1070880ssp.jpg勿論、ワンコたちは外の雪やその後の変化に全く興味を示しませんでした。

寒くて暗い時には、とにかくよく眠る。

ある意味健全なハルとアキの反応でした。



(画像は全てダブルクリックで拡大します)




しかい:「今回はまたまた自然の神秘・天気バージョンといった感じですね。」

ハル:「僕たち寝ていたから、よく分かんないけど・・・・・」

アキ:「何だか毎日寒くて、なかなか暖かくならないワ。」

しかい:「そうですね。三寒四温とはいえ寒い日が多い気がしますね。」

ハル:「そういえば、この写真を撮ったときのマザーが何だか面白かったんだヨ。」

アキ:「そうね。急に窓の外が真っ白になって何にもみえなくなって・・・・」

ハル:「マザーが『おおっ!?』とか言いながらカメラもってベランダに飛び出していったんだヨ。」

しかい:「なるほど。そうやってスクープをものにしたんですね〜。」

ハル:「しばらくして『寒すぎ〜』とかいいながら部屋に帰ってきて・・・」

アキ:「またすぐ『あれぇ?』とかいいながら外にでて、」

ハル:「で、またしばらくしてから『キツうぅ〜』とかつぶやきながら部屋にはいってきたんだ。」

しかい:「うんうん。まさに身体をはった渾身の写真たちだったんですね〜(感涙)。」

アキ:「寒そうにしてたから、もうお部屋にいるかと思ったら、『えええ〜っ??』とか変な声だしてまた外にでたのよ。」

ハル:「で、またしばらく外で写真とっていたんだけど、今度かえってきたら無言で・・」

アキ:「その後はもう何もしたくないって感じで毛布に包まってブルブル震えていたワ。」

しかい「そ、それは・・・・(汗)」

ハル:「なんだか急だったから薄着だったみたいだし、人間は僕等みたいに毛皮ないし、きっと冷えちゃったんだねぇ〜」

アキ:「そうそう。毛皮ないんだからあんまり無理しちゃだめよねぇ、いくらブログねたのためだからって。」

しかい:「・・・・その話をきいてから改めて写真をみると、寒さが身に沁みますね・・・・・。っていうか毛皮の問題とは少し違うような・・・・・。と、とにかくお越しの皆様、春はもうそこまできています。去り行く冬をなごり雪の画で惜しみつつ、春の気配を感じてくだされば幸いです。」


 
2012年01月21日
第69話 寒中お見舞い申し上げます
ほぼ隔月ワンたわにようこそ!

寒さが本格的になってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ワンコたちは元来が根性なしなので、最近はお散歩もあまり興味を示しません。特にハル。
アキは最初だけは勢い良く出かけていきますが、北風がまともにビューっと吹き付けると、すぐさまU-ターンをして家に戻ろうとします。・・・・・どっちもいい勝負のヘタレ犬ですね(笑)。

寒いときこそダイエットや体力づくりに最適らしいと、雑誌か何かにかいていましたが、皆様は何かなさっていますか?




2012010122560212758_1.jpg






















アキ:「皆様、こんなに寒い中ワンたわを訪ねてくださって、本当にありがとうございます。 なんか上のほうで根性なしとかなんとかヘンテコリンなことをいってるけど、こんなに寒い時に無理して外にでたり運動したりするほうが、却って身体に悪そうな気がするワ。やっぱり寒い時は身近な方々としっかり寄り添いあってぬくぬく過ごすのが一番イイと思いまーす、ね、ハルくん(はぁと)。」


2012010122560212758.jpg























ハル:「・・・ぼ、僕も寒い時は無理しない、って言うのには賛成だよ。で、でもアキちゃんの場合、すごく一方的っていうか、自分が寒いときに無理やり僕の上に乗っかってきて、僕はアキちゃんが重たくてチョッピリっていうかすごく迷惑してるのに全然平気っていうか、そもそも僕はあんまり・・・・」

アキ:「とにかく、寒いときこそお互いの距離を縮めるチャンスよ。皆様も積極的にスキンシップをとって身体も心も温めあいましょうね〜。」

ハル:「だ、だからそれはアキちゃんが勝手に・・・」

アキ:「最後になりましたが、皆様、今年もワンたわをよろしくお願いいたしますっ!(はぁと)」





しかい:「今年は年始を通り越していきなり寒中見舞いになりましたが、なにか特別な事情でも?」

マザー:「ほほほっ、里帰りしていた実家のPCの調子が悪くって、そのまま放置していたら、あっという間にこんな時期になっちゃったのよ。ほんとに時間が経つのが早くて嫌になっちゃうわ。」

しかい:「そうですか。年末年始は何かと忙しいですからね。」

マザー:「そうなのよ。で、そろそろこのワンたわも多少マンネリ化してきたから、今年は新しい形式でリニューアルしたいなぁ〜って思ってるの、ほほほっ。」

しかい:「リニューアル、いいですね〜。何か具体的なアイデアとか浮かんだんですか?」

マザー:「まったく。変えたいのは確かだけど、中身は白紙の状態ね。まあ、予定は未定といいますから、皆様あまり期待せずにノンビリとお待ちくださいね〜、おーほほほっ!」

しかい:「ええっ?!そんないいかげんな!?今年最初の記事がいきなりこれって??---------お越しの皆様、こんなワンたわですが、今年も見捨てずに生暖かく見守ってくださいね(土下座)。」

 
2011年11月20日
第68話 ハッピーバースデー・トゥー・ユー
ほぼ月刊ワンたわへようこそ!(o ̄ー ̄o) ムフフ・・・いえ、本当にようこそおいでくださいました。
なにせ前回があれでしたから・・・・それにもめげずにまたここを覗いてくださるそこの貴方、本当にいい人過ぎます。もうこうなったら、とことんいい人を極めて、今後もこのブログに騙され続けるとことんお付き合い下さいませ。南無ぅ( ̄人 ̄)ちーん ←チョット違う!


さて、現在、ブータン国王夫妻が国賓として来日されていますね。連日ニュースでとりあげられて、美男美女カップルの華やかな容貌に多くの方々が引きつけられたことと思います。

日本のようにお金持ちでも最先端でもない、でも国民はとても豊かで幸せな生活をおくっているというブータン。
その国の頂点にいる方が、今この時期にこの国にきて絆や友情や心の豊かさを説くことに、何か特別な感慨を覚えるのは多少センチメンタルに過ぎるのかもしれません。

でも、色々な意味で行き詰っているこの国が新たな希望を見出すために、もう一度本当に大切なものは何かを考え直す必要があるのではとつくづく感じさせられました。



・・・・・なんちゃって、いや、本当になんていうかセンチメンタルですよね〜、ほら、季節のせいですよ、秋も深まってきましたしね〜( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
ということで、この辺でいつものヌルーいワンコたちの日常に戻らせていただきます。
途中、多少怖い画像が含まれますので、苦手な方はご遠慮ください。

P1080393ssp.jpg前回から引き続きお預け状態の二匹ですが、ようやく各自の皿にケーキをもらえたようです。

太りやすいアキは微妙に量が控えめですが、ハルのケーキと自分のケーキを比べるあたりは、流石に肉食系女子の鑑ですね。

そんなアキのオーラに既に押され気味のハル、頑張れ、草食系男子!




P1080403ss.jpgはい、では、両者いっせいにスタートです。

微妙にお互いを牽制しつつも、豪快にケーキにかぶりついています。










P1080410ssp.jpg段々と食べるのに夢中になって、せっかくのケーキもぐちゃぐちゃになってきましたが、それでも両者互いに警戒心はとかないようです。










P1080417ssp.jpgやはり肉食系ガッツリ女子のアキが多少リードしているみたいですね。

ハルは危険を察知してさりげなくあきに背を向けて自分のケーキをガードしています。









P1080426ss.jpg同じ場面を横からみるとこんな風になっています。
ハルくん必死なのは分りますが、表情が怖すぎます(汗)。


・・・・多少食べにくかったのかもしれませんね(反省)。






P1080439ss.jpg

努力の甲斐あって、両者無事完食のようです。
あ、こらっ、床のクリームを舐めてはいけませんよ。

・・・次からはお食事用のマットを用意しよう(反省)。






P1080440ss.jpgアキがすかさずハルのお皿をチェックしていますが、一歩及ばず、残念でした。

チョット得意げにその場を立ち去るハル、意外に勝負強い草食系の底力を示してくれました(パチパチ)。








P1080454ssp.jpgご馳走をめぐる二匹の駆け引きは毎度のことですが、今回はハルの地道(?)な努力を垣間見ることができました。

ノンビリ・マイペースなハルですが、食べることに対する姿勢は結構熱いものがありますね。








しかい:「ようやく前回からのネタが完結したみたいですが、タイトルの『ハッピーバースデー・トゥー・ユー』というのはこのケーキと関連があるのでしょうか?」

マザー:「そーね〜、あるようなないような・・・ケーキはハルくんの誕生日用につくったから、全くないわけじゃないわねぇ。」

しかい:「------そうすると前回の『ハッピー・ハロウィーン』がますます宙に浮きますねぇ。っていうか誕生日ケーキだったんですか、あれって??」

マザー:「ほほほっ。最初にパプリカ&ヨーグルトのペーストで文字を描こうとしたんだけど、途中で崩れちゃったのよ。ペースト思ったより柔らかくて。で、まあ何となくそれらしいデコレーション風の模様に変えてみたの、おほほほっ。」

しかい:「文字・・・・そういえば微かにHALと言う字が浮かんでいるような・・・・改めて見てみるとなんだか変に味わい深いですね・・・・。ということは、結局ハロウィーンは後付けだったんですね・・・・。」

マザー:「ほら、ちょうど色合いがいい感じだったし・・・・でも今回のタイトルのハッピーバースデーは実はアキちゃん用なのよ。あのこ11月生まれだから。」

しかい:「ええっ?でも今回の内容はどう考えてもハルくんがメインになっていますよ?しかもアップの写真怖すぎますよ?」

マザー:「ほほほっ。それはほら、ハルくんの誕生日に撮影した内容だから。そうだわ、これからアキちゃんのバースデーケーキをつくらなくっちゃ。じゃあ後はよろしくね、おーっほほほほっ!」

しかい:「よろしくって、・・・・・・結局よく分らないまま話が終ってしまいましたが、とりあえずハルくんもアキちゃんもちゃんとケーキを作ってもらえそうでなによりです。(←そこなのか?!)そろそろ年末の足音も聞こえてくる時期になりますが、皆様も楽しいホリデー・シーズンをお過ごしくださいね(ぺこり)。」

 
2011年10月30日
第68話 ハッピー・ハロウィーン
ようこそ、ほぼ隔月ワンたわへ!
隔月ですよね?まだ10月ですよね?ああ、早くこの記事もアップしなくては・・・・・。

あ、いえ、ネタはあるんです、ネタは、結構沢山。せっかくの新鮮なネタが調理されずに放置されているんです(汗)。
・・・・こんな自由気まま過ぎるブログを見捨てずに覗いてくださるそこの貴方、なんていうか本当いい人過ぎます、くれぐれも悪い人に騙されないように気をつけてくださいね〜。(←こらこら!)

・・・・ということで、日頃のご愛顧に感謝を込めて、お待たせしたお詫びも兼ねて、今回も画像てんこ盛りでお送りいたします。


P1080317ss.jpgお芋の美味しい季節ですね。今回はお芋をメインにしてヘルシーなクリームをつくります。
画像は炊飯器の内釜と万能蒸し器を使って水少々を加えたものです。このまま炊飯器に入れて炊飯ボタンを押すと綺麗にお芋が蒸し上がります。

勿論、普通に蒸し器を使っても、レンジでチンしてもOKです。




P1080333ss.jpgお芋に加える材料です。スキムミルク・蜂蜜・牛乳・がメインになります。お好みでシナモン・バニラエッセンス・クリームチーズ等を加えると風味が増します。









P1080335ss.jpg蒸し上がったお芋は熱いうちに皮をむいてつぶします。クリームチーズを加える場合は早めに入れます。様子をみて味見しつつ他の材料も加えていきます。
牛乳の量で硬さを調節してください。








P1080341ss.jpg材料を全て加えてしっかり混ぜると全体がクリーム状にまとまってきます。
因みにフードプロセッサー等に全ての材料を入れて混ぜても大丈夫です。滑らかに仕上げたい方は是非お試しください。








P1080353ss.jpg次にケーキの土台をつくります。小麦粉にベーキングパウダーを3%程度加えて篩ったものに牛乳または豆乳と植物系のオイル少々を加えて混ぜます。
ホットケーキミックスを使ってもOKです。








P1080366ss.jpg蒸しパンの生地が出来たら、型に入れて蒸し器で蒸します。今回はレンジでチンした後で器ごと蒸らして粗熱をとりました。多少表面がデコボコしていますが、クリームを塗れば大丈夫です。








P1080379ss.jpg蒸しパンの土台にクリームを塗ったら、次にパプリカと水切りヨーグルトでデコレーション用のクリームを作って表面を飾ります。
アニマルピックはデコ弁用グッズのコーナーでみつけました。
お好みでフルーツ等を添えても可愛いです。







P1080380ss.jpg黄色とオレンジで華やかに彩ったあとで、アニマルピックをアクセントに使ってみました。
暖色系の彩りが食欲をそそりますね。
お野菜や果物を使っても素敵ですね。








P1080386ssp.jpgいよいよ試食タイムです。が、この先がまだまだ長くなりそうなので、続きは次回お届けします。
頑張れ、ワンコ達!









P1080313ss.jpg(おまけ)
先日の台風の後に現れた不思議な雲たちです。

(クリックで拡大します)









しかい:「うううっ。本当に自由過ぎるブログですね(汗)。レシピも何だかテキトーっていうかこちらも自由過ぎる感じがとってもしますね。」

マザー:「ほほほっ。分ってないわねぇ〜。自由気ままなひらめきこそお料理を引き立てる最高のスパイスなのよ。それに分量は適当でもそれなりに仕上がるミラクル・レシピですからご心配なく。」

しかい:「そ、そうなんですか?それって凄く都合がいいレシピですね(汗)。因みに題名のハッピー・ハロウィーンと記事の内容が今ひとつつながらないのですが・・・・・」

マザー:「ああ、それね。ほら、確か今日はハロウィーンだったでしょ?ちょうどいいかなって思って。ケーキの色合いも何だかハロウィーン・カラーっぽいでしょう、ほほほっ。」

しかい:「えええっ、そんな理由ですかぁ!!?それもテキトー過ぎませんか??!」

マザー:「ほほほっ。だから言ってるでしょ、自由気ままなひらめきこそブログを引き立てる最高のスパイスなのよ、おーほほほっ!

しかい:「・・・・・・・・・・おまけに続きは次回に持ち越しみたいですし・・・・・・・・・・・・うううっ、ここまでお付き合いくださった皆様、誠に申し訳ございません。もう、どこをどうフォローしていいかよく分らない状態になっております。どうかこれに懲りずに次回のワンたわもぜひ覗いてやってくださいね〜。(土下座)」



 
2011年08月22日
第67話 夏の終わりに

ほぼ隔月ワンたわにようこそ!・・・・・・・・あっ、いえ、間がかなりあいちゃいましたが、そこはほらほら、『ほぼ隔月』ということで・・・・・・・・(滝汗)・・・・・・こんな中、いつも訪問してくださる皆様、本当にごめんなさい(土下座)・・・・微妙に元気不足のワンたわですがどうか見捨てずにナマあたたかい眼差しで見守ってくださいね(はぁと)。
 
さて、今年も暑い夏が続いていますが皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

ワンたわファミリーは、暑さがことのほか苦手なインチョーはじめマザー・ハル・アキ全員が暑さに弱いため、最近の猛暑の前になす術も無くひたすら秋の到来を待ち望んでいます。

今回は、そんな暑さに負けまくってるワンコ達の日常を、チョッピリ涼しげで切ない大阪湾の夕暮れと共にお届けします。


P1080226ss.jpg皆様おひさしぶりでーす。
暑くて何にもしたくないハルとアキです。

ああっ、本当に毎日暑過ぎるワ。
おまけに節電とかってクーラーの温度を28度とかに設定するから余計に暑さがこたえるのよネ〜。

こんなに何もしないと、ブログネタもなかなかみつからないの。



P1080156ss.jpgだから今回はたそがれの大阪湾シリーズをお届けするわネ。

これは快晴の日の所謂『灯点し頃』っていうのかしら。

街の明かりが夕暮れのブルーに映えてとっても綺麗ね。

(クリックで拡大します)




P1080228ss.jpgふうっ。
でも何だか退屈ね。
こんなに暑いとお散歩もだるくてツマラナイのよね〜。

動かないから食欲も落ちてきちゃって、最近の唯一の楽しみは夏バテ防止のスイカくらいかしら。

それもお腹冷やすとダメだからってチョッピリしかもらえないしぃ〜。



P1080190ss.jpgあら、今度はピンク色のお空と大阪湾ね!
夕焼け雲の色が水面にも映ってとってもロマンティック

こんな空の下でダーリンと一緒にお散歩したら、きっととっても素敵よね・・・・でもこの暑さだとすぐにバテちゃいそう。

(クリックで拡大します)




P1080230ss.jpgそういえばダーリンったら最近ゴルフゴルフって小さい玉をヘンテコリンな棒でつつきまわすゲームに夢中なの。

何だかチョッピリ寂しいっていうか悔しいっていうか・・・・・。

ワタシ歯には自信があるから、今度こっそりヘンテコリンな棒をかじっちゃおうかしら。




P1080242ss.jpg今度はちょっと不思議な形の雲ねぇ。
何かに似ているような、似ていないような・・・・何となく昔どこかで見たような気がするワ。

積乱雲っていう夏雲らしいけど、こんな風に黄昏時に見ると何だか切なくて、夏の終わりを感じちゃうわネ。

(クリックで拡大します)




P1080220ssp.jpgなんだか寂しい感じがするけど、きのせいかしら?じゃあ最後はワタシのセクシー・ショット盛り上げちゃうわネ。
実はシエスタの真っ最中なのよ、うふっ。
寝苦しくて睡眠不足でも、こんな風にお昼寝しちゃえば何となく元気になるのよね。

皆様もぜひためしてみてね(はぁと)。

(クリックで拡大します)





しかい:「いやぁ〜本当に久々の更新ですねぇ〜。」

アキ:「仕方ないわ。こんなに暑いとお外にも出たくないし、動くのもイヤだからお部屋でもねてばかりだし。」

しかい:「確かにブログネタはあまりなさそうですね〜。」

アキ:「おまけにダーリンはゴルフゴルフってヘンテコリンな棒をいじっってばかりで最近かまってくれないのよ(怒)。」

しかい:「そうですか。ゴルフもハマルと奥が深いっていいますからねぇ〜。」

アキ:「ハマルってなによぉ?」

しかい:「何かの魅力に気が付いて夢中になるっていうか一生懸命になるっていうか。」

アキ:「そういえば、あの小さい球をこっそり隠して遊んでいるんだけど、噛み噛みすると意外に楽しくって止まらなくなるのよね。そんな感じかしら?」

しかい:「そ、それは確かに近い感じですが、そもそも隠したり噛み噛みしたりって問題じゃないですか(汗)?」

アキ:「だって悔しいだもん。でもワタシなんか可愛いと思うわ。ハルくんなんかヘンテコリンな棒にこっそりマーキングしようとして脚をあげていたし、マザーは『片付かないからそろそろまとめて処分しちゃおうかしら』ってブツブツ独り言いってたし。」

しかい:「うううっ、と、とりあえず今の発言は聞かなかったことにしておきますね。何だかインチョーセンセイ大変っぽいですが・・・・・・っていうかどうやって話を立て直したらいいのか分らなくなってしまいましたので、誠に恐縮ですがここで強制終了させていただきます。ここまで頑張ってお付き合いくださいました皆様、申し訳ありません。大阪湾の風景で和んでくださると幸いです(汗)。暑さであまり頭が働いていないということでお許しを(土下座)。」

 
82件中(1件〜10件を表示しています)   前   |