ホンネで語る歯周病治療
歯周病治療のキーポイントお教えします

20071018195422.gif 正確な資料をとること

歯科医院でお口の中の写真をとったことがありますか?歯と歯ぐきの写真は歯周病の治療にとって大変役立つ資料です。歯ぐきの形や色、歯の表面についたプラークや歯石。こういった微細な状態を見逃さないためにはお口の中の正確な写真が大変有効です。

歯科医院で撮るレントゲン写真には大きく分けて2種類があります。パノラマレントゲン写真は1枚で上下左右の広い範囲を見ることが出来ます。もうひとつのデンタルレントゲン写真は小さなフィルムですが、小さなむし歯や骨の微妙な形までくわしく見ることが出来ます。歯周病を評価するためにはデンタルレントゲン写真で歯槽骨の形を正確に診る必要があります。ただしすべての歯とその周囲組織を写すために10枚から14枚撮影する必要があります。

一般的に行われている歯周ポケットの深さや歯の動揺度のチェック
は歯周病の基本的な検査として不可欠です。これに加えてお口の中の写真やデンタルレントゲン写真も欠かせない検査です。

20071018195422_1.gif 歯石をキレイに取ること

「歯石を取る」と一言で言いますが、実際には大変な作業です。
超音波スケーラーは歯石をとるための代表的な器具です(キーンという音で歯科衛生士さんが歯にあててガリガリ歯石を取る器具です)。軽症から中等度の歯周病にとっては超音波スケーラーをうまく使用することでかなりの歯石をとることができます。しかし、中等度から重度の歯周病では歯石除去は大変な作業になります。専用器具(正式にはグレーシーキュレットといいます)を使って人間の手で丁寧に歯石をとり、しかも歯根の表面をツルツルにする必要があります。大変時間がかかり歯科衛生士さんの高い技術を必要とします。
ちなみに深さが6mmを超える歯周ポケットの中の歯石は専門家であっても取り残しが出てしまうというデータがあります。私も、この深さの歯周ポケットを1度きりで完璧にキレイにする自信は・・・ ありません・・・20071022140043.jpg

20071018195422_2.gif  現状をしっかり教えてくれること

「アナタ!歯周病にかかっていますよ」歯医者にとっては便利な言葉です。なにしろ8割以上の成人の方がかかっている病気ですので、そう言っておけばほとんどが正しい診断になります。
また、歯周病は自覚症状の少ない病気です。つまり治療によって良くなっても、あるいはほっておいて不幸にして悪くなっても、患者様自身にはなかなかわかりません
大切なのは、どの程度の歯周病にかかっているのか?治療によってどのくらい良くなったのか?を知ることです。歯周病の治療には患者様自身のホームケアーが大切ですので、自らの状態を正確に知ることが大切なのです。
漫然と歯石をとったり歯をクリーニングするだけでは、残念ながら歯周病はなかなか治りません。患者様の歯みがきのやり方や体質で、同じ患者様の口の中でも歯ぐきの形や厚み、歯ならび、かみ合わせ、詰め物や被せ物・・・歯の場所ごとに歯周病の進み具合を変える要素があります。
高度の歯周病の治療には時間が必要ですが、自分がいったいどの段階にいるのか?ほんとうに歯周病の状態はよくなっているのか?、こういった疑問が当然うまれてきます。
こういった疑問に的確に答えてくれる、またそれを説明してくれる資料を提供してくれることが必要でしょう。

20071018195422_3.gif メインテナンス

歯周病治療の最も大切なキーポイントはメインテナンスでしょう。歯周病の罹患率(なりやすさ)が非常に高いこと(成人の8割以上というとんでもない数字!)は、いったん治った歯周病が再発しやすいことにつながります。残念ながら治療さえすれば、後はメインテナンスフリー、つまりそのままほっておいて再発しない歯周病は存在しません。
歯周ポケットの中ではお口の中の多量の細菌から歯と歯ぐきの継ぎ目を守ろうと人間の身体は孤軍奮闘しています。定期的なクリーニングは、それを助けてあげるために欠かせません。