2018年12月06日
Any way the wind blows…
映画、ボヘミアン・ラプソディが大ヒットらしいですね。

インチョーもクイーン世代です。

Bohemian Rhapsodyが入ったアルバム「オペラ座の夜」の発売は中学生でした。
当時は洋楽のバンドはアイドルブームにのっかていました。クイーンもどちらかといえばアイドル系のバンドとして女の子に注目されるグループという位置づけでした。フレディマーキュリーのいったいどこがアイドルなんだか?ですが。

オペラ座の夜は、本当に擦り切れるほど聞きました。
もちろん当時はLPレコード。しかもインチョーの当時のレコードプレーヤーは手動でしたので、針を自分で落として、挙げて。
B面最後から2曲目のBohemian Rhapsodyを聴いて感動にひたってたら、そのあとのGod Save the Queenはあっという間で終わってしまいます。急いで針を挙げなないとスピーカーはブッチッ、ブッチッと鳴り出していました。

紙ジャケットのLPレコードも最近見直されているようですが、確かに当時は音楽聴くのも手順があってそれはそれで良い時代でしたね。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています