歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療

あらゆる歯科治療法が日進月歩の昨今ですが、数ある矯正治療法の中最も進歩した治療法が歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療です。

アンカースクリューとは歯の周囲の骨に打ち込むネジのことです。矯正治療では直径1.5mmから2mm、長さ6mmから8mm程度の小さなスクリューを用います。チタン製のスクリューを骨に打ち込んで、そこにゴムやスプリングを結んで歯を引っ張るのです。

埋め込むには少量の麻酔を必要としますが、数分で処置は終わります。また、矯正治療が終わったらスクリューは簡単に取り外すことができます。

従来の矯正治療はどの歯も自由に動かせるわけではありませんでした。この治療法の登場により、いままで難しかった方向へ歯を動かすことが簡単にできるようになりました。

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正には次のような数多くの利点があります。

ゴムや取り外しの装置など患者様自身に使っていただくものが不要になる。
前歯を後ろへ余分に動かすことができる。
奥歯を後ろへ動かすなど従来の治療法では大変難しい歯の動きが可能になる。
余分な歯の動きを省略できるため治療期間が短くなる。
  

この治療法の登場により矯正治療計画そのものが変化してきています。つまり、今まで実現することが出来なかった歯の動きを実現させたり、抜く歯を変えたり・・・。
患者様に対して最小限の介入で最大限の効果を得るために矯正の手法は日々進歩しています。